« メンチかつ定食(一富士) | トップページ | 桜八ツ橋。 »

2009年3月 3日 (火)

制服捜査(佐々木譲)

あらすじ:札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。十勝平野に所在する農村。ここでは重大犯罪など起きない、はずだったが・・・。

ミノルンより借り読み。警察モノ、ではあるんだけど、駐在さんが主人公だったり、小さい町ならではの事件だったりで、目新しかった。赴任してきたばかりの駐在さんより、ずっと町に住んでる人たちの方が町に詳しいのは当たり前で・・・郵便局を退職した情報通や防犯協会会長はじめ、いろんな人がいたなぁ。どの事件もそれぞれに面白かったけれど、でも欲を言えば、短編だとちょっと物足りない感もあるかな。

制服捜査

|

« メンチかつ定食(一富士) | トップページ | 桜八ツ橋。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
「制服捜査」って聞くとカッコいいけど、「駐在さん事件簿」ですね(笑)
でも田舎だからこその根深い事件とかがあるのかな?、

>短編だとちょっと物足りない感もあるかな

解る気がします。
私も短編はちょっと苦手。
話がコンパクトになってしまって壮大さが欠ける気がします。
でも佐々木 譲さんの文章力は信頼してるのでコレもリストに追加です d(^_^o)

投稿: あばた | 2009年3月 3日 (火) 13時46分

ええ、まさに「駐在さん事件簿」ですねw
これはこれで、、あると思いますsmile

やっぱり短編って、なんだか物足りないですよねー。
この本も、おそらく1話目が終わった瞬間、
えっ?終わり?? って思うと思いますよcoldsweats01

投稿: FUH | 2009年3月 5日 (木) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メンチかつ定食(一富士) | トップページ | 桜八ツ橋。 »