« 夜。 | トップページ | メンチコロッケ定食(一富士) »

2009年1月22日 (木)

交渉人(五十嵐貴久)

あらすじ:3人組のコンビニ強盗が、総合病院に立て籠もった。院内の人質は50人。犯人と対峙するのは”交渉人”石田警視正。石田はテレビやプロ野球の話題を織り交ぜ、犯人を思い通りに誘導、懐柔していく。しかし、解決間近と思われた時、事件は思いもよらない方向へ転がる・・・。

交渉人という仕事についての興味もあったし、それだけではない全体的なストーリー展開の妙、面白かった。何か謎があることは途中途中でほのめかされるんだけど、想像がつかなかったなぁ。。(包帯男とか、部分部分は分かったけどw) そして犯人の動機について、読み終えてみればあれが伏線だったんだなぁ、、と。普通にサスペンスだと思っていたら、思っていた以上に考えさせられる話だった。

交渉人

|

« 夜。 | トップページ | メンチコロッケ定食(一富士) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜。 | トップページ | メンチコロッケ定食(一富士) »