« うどん。 | トップページ | カニ鍋。 »

2009年1月12日 (月)

死神の精度(伊坂幸太郎)

あらすじ:①CDショップに入りびたり②苗字が町や市の名前であり③受け答えが微妙にずれていて④素手で他人に触ろうとしない― そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査の後、対象者の死に可否の判断を下し、翌8日目に死は実行される・・・。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う6つの人生。

伊坂幸太郎作品、2度目のチャレンジ。・・・これは面白かったhappy01 最初が「見送り」だったから、この死神はナンヤカンヤで「見送り」にして行くんだろうな~~なんて思っていたら、そこはアッサリ裏切られたw たとえ対象者が良い人間であっても、仕事は仕事、クールな男(?)だったcoldsweats01 1つ1つの話が面白かったし、それらの話が何気に繋がってたりするところもよかった。千葉の繰り出す、超天然な質問の数々にも笑ろたww

死神の精度

|

« うどん。 | トップページ | カニ鍋。 »

コメント

bearingこれって映像化されたような・・・
タイトルが違うけど、原作がこれだったような気がします。
面白そうと思いながら、まだ本も映像もみてないわ

投稿: yumiko | 2009年1月12日 (月) 22時19分

FUHさん、こんにちは♪
面白かったでしょ~。
映画もよく出来てましたよ。
伊坂氏のお話は基本的に優しいんですね。
で、あと会話がおしゃれなんです。
この先、ぞくぞくと伊坂氏の原作で映画が作られます。
楽しみなんですよね~。まずは「重力ピエロ」。「死神の精度」の中にチョコっと出てくる壁に絵を描いてた青年が主役ですよd(o^v^o)b

投稿: あばた | 2009年1月13日 (火) 16時21分

yumikoちゃんは未読だったか!そう、あばたさんが書かれてる通り、映画になってるよーhappy01 とりあえず本、読んでみて~wink (お互い、読みたい本が溜まりまくってるねsweat01

あばたさん、はい、面白かったですーhappy01 今さらながら、映画も観たい!私はまだ伊坂ワールドには片脚突っ込んだだけですが、、会話がおしゃれ、分かる気がします。どんどん読んでみたいっすpaper

投稿: FUH | 2009年1月13日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うどん。 | トップページ | カニ鍋。 »