« ミルクレープ(ヨックモック) | トップページ | チキンかつ定食(一富士) »

2008年11月 4日 (火)

りかさん(梨木香歩)

あらすじ:リカちゃん人形が欲しいと頼んだようこに、おばあちゃんから贈られたのは黒髪の市松人形で、名前がりか。こんなはずじゃ。でもこの人形、人と心を通わせる術を持っていたのだ・・・。

ハタピーより借り読み。「からくりからくさ」の”前”のお話「りかさん」と、”後”のお話「ミケルの庭」。「からくりからくさ」で彼女たちの人となりや関係が分かっていたので、いずれもすんなり読めた。やっぱり、不思議で、忘れていた何かを思い出させられるような、考えさせられる世界。。 本筋とは関係無いけれど、一番気になった箇所。「そのとき、ようこは父さんの美術全集に載っていた、ピカソの泣く女の絵を見たときのことを思い出した。そのときは変な顔、ぐらいにしか思わなかった。が、今は分かる。人が本当に悲しくて悲しくて泣くときは、顔が、バラバラになるのだ。」

りかさん

|

« ミルクレープ(ヨックモック) | トップページ | チキンかつ定食(一富士) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミルクレープ(ヨックモック) | トップページ | チキンかつ定食(一富士) »