« 高田馬場 五右衛門。 | トップページ | 旅がらす。 »

2008年10月10日 (金)

「裏庭」(梨木香歩)

あらすじ:昔、英国人一家の別荘だった、今では荒れ放題の洋館。高い塀で囲まれた洋館の庭は、近所の子供たちにとって絶好の遊び場だ。その庭に苦すぎる想い出があり、塀の穴をくぐらなくなって久しい少女・照美は、ある出来事がきっかけとなって洋館の秘密の”裏庭”へと入り込み・・・。

ハタピーより借り読み。作者は「西の魔女が死んだ」で有名になった人。この作品は、第1回児童文学ファンタジー大賞受賞作だそうでつ。(小声で)・・・実は私って、ファンタジー苦手じゃないっすか?なので真ん中辺りまでは、ちょっとツラかったのcoldsweats01 でも少しずつ、”裏庭”に入れるようになった。そしていろんなものが再生されるのを見た。。 レイチェルの言葉がとてもよかったので、書きとめておこう。「傷をもってるってことは、飛躍のチャンスなの。だから、充分傷ついている時間をとったらいいわ。薬や鎧で無理にごまかそうなんてしないほうがいい」「鎧をまとってまで、あなたが守ろうとしていたのは何かしら。傷つく前の、無垢のあなた?でも、そうやって鎧にエネルギーをとられていたら、鎧の内側のあなたは永久に変わらないわ」「生体っていうのは自然に立ち上がるもんよ。傷で多少姿形が変わったとしても」。

「裏庭」

|

« 高田馬場 五右衛門。 | トップページ | 旅がらす。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
私、この人の本って読んだことがないと思っていたのに、よく考えたらコレは読んでました。
私小さい頃、兄と比べられるコトにちょっと傷ついたりしてたんですよね。兄って綺麗な顔してるし気持が優しいし、私が男で兄が女の子ならヨカッタのにとかって声があったりして・・・
私もこんな洋館があったら逃げ込んでたかもって。
結局自分は逃げずに自分をちゃんと認めてあげることができたのかどうか今も疑問ですが、この本を読んでちょっと感じることがあったなと・・・
ファンタジーもいいもんでしょ?

投稿: あばた | 2008年10月12日 (日) 18時14分

お、これは読まれてましたか!
そうですねー、ファンタジーもいいかも。。
自分1人で生きてたら買わないであろう
いろんなジャンルの本を勧めて&貸してくれる
お友達がたくさんで、私は幸せ者です!
(あばたさんにも感謝ですhappy01

投稿: FUH | 2008年10月12日 (日) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田馬場 五右衛門。 | トップページ | 旅がらす。 »