« NHKスペシャル。 | トップページ | いなげや。 »

2008年10月28日 (火)

人狼(今野敏)

あらすじ:整体院を営む私に、私立探偵の能代が患者を紹介してくれた。黒岩豪、修拳会館の出身で、今は自ら道場を開いている。だが彼らの目的は他にあった。最近話題の”狼男”―狼の面をつけ、街で非行少年グループを、たった一人しかも素手で痛めつけているという男が、黒岩の弟子・真島らしいのだ・・・。

ミノルンより借り読み。今野敏氏は空手でも棒術でも有段者だそうで、その経験・知識が活かされた作品だったと思う。かなり読みやすい、分かりやすい作品だった。今回の登場人物たちも、シリーズ化出来るキャラの立ち方だったなぁ~。そして本筋とは関係ないけれど、「人間というのは、ひょっとしたら、他人の長所よりも欠点を愛するのではないか」という言葉が心に残った。

人狼

|

« NHKスペシャル。 | トップページ | いなげや。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKスペシャル。 | トップページ | いなげや。 »