« 新橋 三芳八。 | トップページ | 冷し中華(711) »

2008年9月 5日 (金)

「孤狼」(堂場瞬一)

あらすじ:一人の刑事が死に、一人が失踪した。本庁の理事官に呼ばれた鳴沢了は、新たな相棒・今と共に、消えた刑事の捜索を命じられる。調べを進めるうちの明らかになる刑事達の不可解な行動。不審を抱く了の前に謎の組織が立ちはだかる・・・。

ミノルンより借り読み。最後の最後まで全体の絵が見えなかったけど、終わってみれば、警察内部の派閥争い、違法捜査の残滓というお粗末で腹立たしい結末で。。 それだけに最後の了の一発は痛快だったsmile 冴ちゃんの再登場、そして彼女自身の過去にも正しい説明が付いて、よかった。そしてラスト、「相棒」という響きが嬉しかった。了はもう、独りじゃないね。

「孤狼」

|

« 新橋 三芳八。 | トップページ | 冷し中華(711) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新橋 三芳八。 | トップページ | 冷し中華(711) »