« 梅田 あんにょん。 | トップページ | 新大久保 シュベール。 »

2008年9月21日 (日)

「血烙~刑事・鳴沢了」(堂場瞬一)

あらすじ:NY市警で研修中の鳴沢の元にもたらされた凶報・・・勇樹がバスジャックに巻き込まれた。現場に駆けつけた鳴沢が見たのは射殺された犯人の遺体、そこに勇樹の姿はなかった。見え隠れするチャイニーズマフィアの大物マシンガン・トミーの影。勇樹の行方は・・・?

ミノルンより借り読み。鳴沢、遂にNYへ?ナニナニ?プロポーズ?happy01 と思ったらいきなり、ある意味これまで以上にディープな事件に巻き込まれたdespair 自分の家族を守りたいという気持ちは、刑事だろうと一般人だろうとマフィアだろうと同じ。でもそのためにどんな手段を使ってもいいのか、他人を犠牲にしてもいいのか。。 子供には罪はない、むしろ出来ることなら助けてあげたい、だけど、、これは難しい話だった。結果としては”結果オーライ”だったけれど、なんだかスッキリしないというか、終わってなお考えさせられるなぁ。。

「血烙」

|

« 梅田 あんにょん。 | トップページ | 新大久保 シュベール。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅田 あんにょん。 | トップページ | 新大久保 シュベール。 »