« 池袋 開楽。 | トップページ | さまぁ~ずINゴールドコースト(TBS) »

2008年8月 3日 (日)

「贋作師」(篠田節子)

あらすじ:生き過ぎた―この言葉を残して日本洋画界の大御所は自殺した。遺作の修復を依頼された成美は、彼の弟子となるため彼女のもとを去った美大時代の恋人の死に疑問を抱くようになる。危険をかえりみず、真相を究明する成美。彼女の心の中にあるものは、美術界のタブーへの挑戦なのか、昔の恋人への愛なのか・・・。

オーストラリアで読み捨てて来た本、アップし忘れてた。すごく現実離れした話なんだけど、ワリと引き込まれた。ただのサスペンスではなく、美術という特殊な世界、人間の愛憎、いろんなものがあった。

「贋作師」(篠田節子)

|

« 池袋 開楽。 | トップページ | さまぁ~ずINゴールドコースト(TBS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池袋 開楽。 | トップページ | さまぁ~ずINゴールドコースト(TBS) »