« オールドファッション。 | トップページ | ほっけ定食(一富士) »

2008年8月24日 (日)

「ヨム マラソン」(吉田誠一)

私が所属させて戴いてるチームで、吉田誠一氏をゲストランナーにお迎えしての練習会があった(私は参加出来ず・・・)という繋がりで、読みまつた。吉田氏はそもそも日本経済新聞社のスポーツ担当記者さんなんだけど、2004年に「42歳であるうちに、42.195キロを走ってみよう」とふと思い立ってしまい(笑)、フルマラソンの魅力に憑りつかれたという。そして今では自己ベストが3時間22分だそうで、、スゴイ!本も、読んでて「あー、分かる分かるー」ってことがいろいろあった。まだ走ったことのない人へ、私も言いたい。「私はマラソンをまだ走ったことのない人が知らない世界を知っている」。ちなみに私は、完走の瞬間は、自分の抱える全ての憎しみや怒りを放棄してもいい、放棄出来る・・・と思った。(数日後には、やっぱり無理!と思い直したけどbleah) 「マラソンランナーは走りながら、その土地とコミュニケーションをとっている。いい関係を結んでいる。深い関係を結んでいる」「走っているうちに、その土地に愛着を抱いてしまう。また来ようかなと思ってしまう」って、実感として分かるなぁ。私もこれからは毎年、行ける限り、いろんな場所へ行って走りたい。そしていろんな土地と、いい関係を結びたいfoot

「ヨムマラソン」

|

« オールドファッション。 | トップページ | ほっけ定食(一富士) »

コメント

土地とのコミュニケーション!
良い表現だね~shine
私も読んでみたくなりまつた!

投稿: ヒロッチ | 2008年8月25日 (月) 13時15分

美しい言葉で有名なヒロッチの言葉を
乱している?ワシ・・・coldsweats01

本、よかったら貸すよー。
ヒロッチとcatbudに会いに行きたいわん。

投稿: FUH | 2008年8月25日 (月) 23時35分

とても“爽快な”内容でした。
読みながら自分も風を受けて走っているような感覚run

走っている間の感覚を言葉にしてもらえて
何だか嬉しかったな~happy02
ジャケを改めて見ると、本を掲げてる絵なんだね!

投稿: ヒロッチ | 2008年11月 5日 (水) 10時17分

お、もう読んだ?早いね~!読みやすくて、分かりやすい本だったでしょhappy01
走ってる人たちもだけど、むしろ「走るなんて考えられない」と思ってる人たちに読んでみて欲しい、そして「走ってみようかな~」なんて思って欲しい、と思ったよ。

投稿: FUH | 2008年11月 5日 (水) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オールドファッション。 | トップページ | ほっけ定食(一富士) »