« スコーピオン・キング(2002・米) | トップページ | 大山 マナカマナ。 »

2008年8月30日 (土)

「不運な女神」(唯川恵)

「道連れの犬」「不運な女神」「凪の情景」「枇杷」「ドール・ハウス」「桜舞」「帰省」「彼方より遠く」という8つの恋愛短編から成る1冊。・・・唯川恵、久し振りに読んだなぁ~。やっぱ女性心理を掴むの、巧いよなぁ~。8つも話があれば、誰でも1つくらいは、共感出来るストーリーを見つけるはず。。 私は「枇杷」が1番心に残った。あらすじは、、いわゆる略奪愛で手に入れたつもりだった幸せは結局また他の誰かに奪われ、男が出て行った家には毎年前妻から枇杷が送られ続けて来る・・・そして女は、男の名前を騙って前妻と文通を始める・・・ってな感じかな。面白そうでしょう?物語の最後は、気になったら読んでみてねconfident

「不運な女神」

|

« スコーピオン・キング(2002・米) | トップページ | 大山 マナカマナ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スコーピオン・キング(2002・米) | トップページ | 大山 マナカマナ。 »