« 今週は、、 | トップページ | 「MW」全3巻(手塚治虫) »

2008年8月14日 (木)

アナコンダ2(2004・米)

あらすじ:不老の秘薬である蘭の花を採取して、特許をとって大金持ちになろうとしている研究者のチームがボルネオにやってきた。ところが時期は雨期。船を出してジャングルに向かってくれる船などいやしない。そこで彼らは大金を支払って、屈強な男ふたりと契約して花搾取に向かうが、そこには邪悪な大蛇がとぐろを巻いて獲物がやってくるのを待ちわびていた・・・。

TV録画してあったのを鑑賞。動物パニックモノは、基本、好きなのsmile アナコンダの映像は作り物なんだろうけど、まぁよく出来てたかと(前作ほどの迫力は感じなかったけどね。イッパイいりゃぁいいってもんじゃないんだよgawk)。普通に面白かった! ♪デーデン デーデン♪ってジョーズ接近のテーマをジョークで口ずさんでいたヤツが真っ先に喰われたのには、怖いというより笑えたcoldsweats01 そして名前は忘れたけど、自分勝手なアンチクショウが無事喰われてくれた瞬間はスッとしますたsmile いわゆる”いい人”たちが死んじゃってヒステリックな2人が生き残ったのは、若干不本意ですたcatface 人生ってこんなもんか。。 そしていつもアナコンダをいち早く発見する猿が名演技だった(本物、だよね??)。壊れた船から使えそうな物を拾って来るとことか、めっちゃ可愛かったshine

「アナコンダ2」

|

« 今週は、、 | トップページ | 「MW」全3巻(手塚治虫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週は、、 | トップページ | 「MW」全3巻(手塚治虫) »