« サンプルラボ。 | トップページ | とりめし定食(一富士) »

2008年7月31日 (木)

「霊柩車No.4」(松岡圭祐)

あらすじ:その遺体、自殺じゃないな・・・。騒然とする現場で、ちょっとした痕跡から死の真実を見破った男がいた。霊柩車ドライバー・伶座彰光、39歳。数多くの遺体を回収し運んできた長い経験で培われたその鋭い観察眼は、物言わぬ遺体に残されたわずかな手がかりを捉え死因を特定し、真実を看破する・・・。

「千里眼」や「催眠」とは全く違う雰囲気で、知らなかったら松岡圭祐作品だとは気付かないかも。。 霊柩車ドライバーが主役という設定は新しい、珍しい、面白い。でも実は作品途中までは、地味でちょっと退屈気味だったcoldsweats01んだけど、終わってみれば、アクション有りのハードボイルド系だったなぁ。ラスト近くの由梨華のくだり(正直驚いたcoldsweats02)から察するに、これも続編が出るんじゃなかろうか・・・。

「霊柩車No.4」

|

« サンプルラボ。 | トップページ | とりめし定食(一富士) »

コメント

私はこの作品結構好きでした。
地味な仕事のはず・・・なのに、鋭い観察眼で色々と見破る。
こんな仕事があることすら知りませんでした。
この作品のできたエピソードとしては、実際にこのお仕事をしている人のブログが紹介されて面白かったのがきっかけだそうです。
私は続編でてほしー。

投稿: yumiko | 2008年7月31日 (木) 23時08分

そうだね、こんな仕事があること、
考えたこともなかったよ。面白かった。

実在の人のBlogも興味深いんだろうね!
探してみたりした??

私も、勝手に続編を待っておりますsmile

投稿: FUH | 2008年7月31日 (木) 23時52分

http://blog.livedoor.jp/daddy101s/

この日記の人の話がテレビでとりあげられ、そこにゲストでいた松岡氏が興味を持ったそうです。

投稿: yumiko | 2008年8月 1日 (金) 11時42分

おお、さすが!ありがとう~。
仕事の合間(こらこら!)に見てみようっとsmile

投稿: FUH | 2008年8月 1日 (金) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンプルラボ。 | トップページ | とりめし定食(一富士) »