« 伸びたー↓ | トップページ | 牛ステーキ定食(一富士) »

2008年6月 3日 (火)

「千里眼の死角」(松岡圭祐)

あらすじ:原因不明の人体発火現象が世界各地で多発。事態の深刻さに気付いた嵯峨敏也は真相究明のため、旧知の元航空自衛隊パイロット・岬美由紀に協力を求める。恐怖の事件の陰に、メフィスト・コンサルティングの巨大な世界統治の謀略が横たわっていた・・・。

謎の人体発火事件に、いきなり引き込まれた。シンシア妃を救った嵯峨の適切な行動、見直した!そして事件は美由紀を巻き込み、単純にコンピューターの暴走かと思えば、メフィストが糸を引いていたり、、とても読み応えのある1冊だった。メフィストとの最終(だよね?)対決、思わぬところで”ミドリの猿”の正体を耳にしたり、ダビデをちょっと好きになったり、面白かった。そして世界規模の問題と同時進行したもう1つの話、美由紀の恋・・・もどかしかったなぁcoldsweats01 嵯峨の言うことはもっともだけど、、でもやっぱ不満!この唐変木!!bearing って、すっごい不本意なラストになるのかと思ったら、みんな集まってくれて、、私まで嬉しくなった。美由紀、ガンガレ。今でも充分魅力的だけど、でももっと強く、もっと優しく、もっと大きくなーれ。物語の途中、美由紀の自殺は衝撃的だった、けれど理解出来る話だった。人は、嫌われたり憎まれたりすることよりむしろ、自分を「必要のない人間」と思わせられることで、生きる意志を失う。。 危なかったけれど、嵯峨の適切な言葉が美由紀を救って、嬉しかった。唐変木だけど、、とりあえず礼を言っておくかbleah

「千里眼の死角」

|

« 伸びたー↓ | トップページ | 牛ステーキ定食(一富士) »

コメント

私もシンシア妃を助け出す嵯峨の行動に感動しましたよ。
美由紀に感化されてるなぁって。
これが最後の対決??
ど~かなぁhappy01
ダビデのひょうひょうとした感じは敵キャラながら好きだね。

投稿: yumiko | 2008年6月 4日 (水) 08時20分

え~、メフィスト、最後じゃないのぉ~??猫眼野郎が原始的な罠で自爆(電子レンジ・・・w)してメデタシだと思ったのにーcoldsweats01
美由紀はもちろん、行動が美由紀化してる嵯峨も、なんだかカワイイとこもあるダビデも、蒲生や空将や、美由紀の周りのみんな、好きになってきた。私ももう松岡ワールドの住人だねw

投稿: FUH | 2008年6月 4日 (水) 09時38分

FUHさん、こんにちは♪
嵯峨、ほんと唐変木。バカですよね~。こんなステキな女性を・・・
取り持ったダビデが悪い?:笑
こういう微笑ましいラストも今までになくいいですよね(#^.^#)

投稿: あばた | 2008年6月 4日 (水) 20時39分

ね~、唐変木としか言いようがありませんよangry でもその後のダビデのオロオロぶりが可笑しかったし、みんなの優しさが嬉しかったので、しょーがない、チャラにしときましょう・・・confident さて、次はどんな話が待っているのでしょうか?楽しみです!

投稿: FUH | 2008年6月 4日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伸びたー↓ | トップページ | 牛ステーキ定食(一富士) »