« 「催眠」(松岡圭祐) | トップページ | 生姜焼き定食(一番飯店) »

2008年5月13日 (火)

「鑑識・米沢の事件簿~幻の女房~」(ハセベバクシンオー)

あらすじ:爆弾テロ予告事件が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識官・米沢守は、そのマラソンの参加者に、自身の逃げた女房を見つけてしまう。特命係の杉下右京、亀山薫が犯人を追うなか、逃げた女房の行方を捜していた米沢は、その女性が変死体で発見されたという知らせを受ける・・・。

ハタピーより借り読み。「こんな本がありましたよ。お先にどうぞ」と、右京さんのように紳士的に貸してくれたhappy01 映画のストーリー後半と同時進行で進む、米沢守ストーリー。ハタピーがまだ読んでないから詳しい内容は書かないけど、、米沢さん、大活躍だよhappy02 もちろんお馴染みの皆さんも時々チラリと顔を出してくれるし、ワクワクする。せっかくだから、「裏相棒」ロングバージョン的に、映像作品も作ってほしい~。

「鑑識」

|

« 「催眠」(松岡圭祐) | トップページ | 生姜焼き定食(一番飯店) »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
読んじゃったのね。
そうか・・・面白いのですね。
でも米沢さん、本筋の事件をほっぽり出して何してんでしょう。
それだけ重大な事件があったってこと?
映像作品。私も期待します(#^.^#)ノ

投稿: あばた | 2008年5月13日 (火) 21時29分

あばたさん、こんばんは!お先に読んじゃいましたっhappy02
米沢にとっては、本筋の事件をほっぽり出してしまうほど、まさに「驚愕の事実」があったわけですねー。まぁ、あくまでオマケ的な作品ですけど、相棒ファンなら読んで損は無さそうですhappy01

投稿: FUH | 2008年5月13日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「催眠」(松岡圭祐) | トップページ | 生姜焼き定食(一番飯店) »