« きつね蕎麦。 | トップページ | 河内晩柑。 »

2008年5月 8日 (木)

「千里眼」(松岡圭祐)

あらすじ:横須賀基地から突如、最新鋭のミサイルが都心に向けて発射された。着弾を阻止するには10桁のパスワードを解読しなければならない。最強のカウンセラー・岬美由紀が解読にかかる。一方、千葉の南房総では巨大な観音像に魅せられる不審な少女の姿があった。その陰には世界を震撼させる”催眠”の罠が待ち受けていた・・・。

ハラハラ、ドキドキ、、これまた先が気になってどんどん読めちゃう作品だった。面白いサスペンスというだけではない、ハンパない知識に裏付けされた内容で、読み応えがある。松岡圭祐、すごい作家だと再確認。 正義は勝つ!と言いたいところだけど、ラストおそらく教祖(あえて名前は書かないでおく)は逃げおおせたんでしょ。。 でもこれからの岬美由紀シリーズで、きっとなんとかしてくれるよね。人の心を裏切るような人間は、滅びるべきだもの・・・(っていうかそもそも、人間と呼ばれる資格すらないねgawk)。

「千里眼」

|

« きつね蕎麦。 | トップページ | 河内晩柑。 »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
この千里眼シリーズにハマった人、またみっけたΣ(~∀~||;)
カッコいいですよね~岬美由紀。
いつも時代背景に添ってて、確か同時多発テロの時はそれを予言するかのようなお話がその少し前に書かれてたりしてました。
最近はご無沙汰なのですが、新しいのもドンドン出てるみたいだし、また読んでみようかな。

関西にお見えだったのですね。
風月の焼きそば食べてるし、前から気になってた炙りもち(あんな解りにくいお店、よく見つけましたね)食べてるし、羨ましいぞ~~~(^◇^;

投稿: あばた | 2008年5月 9日 (金) 21時10分

はーい、大阪のお友達の家にお泊りしてました。今回の目標は「くいだおれ太郎の食堂でご飯を食べる」だったんですけど、大混雑のため実現出来ず残念でしたsad でも風月が美味しかったからいいや!炙り餅は、鉄板の上で餅が踊る音(ブリブリブリ~ってw)で気付いたんですよーsmile
千里眼シリーズ、面白いですねぇ。私もこれからどんどん読んでみようと思います。あばたさんもご一緒に~wink

投稿: FUH | 2008年5月 9日 (金) 22時28分

とうとうFUHさんも千里眼♪
仲間が一人できて嬉しいわheart01
私はなんどシリーズを読み返したでしょう・・・という状態です。
もちろん最新作も読むけれど、初心に戻ってみたりもする。
そして改訂版も読む。
キリがないね。
でもあっという間に読めちゃうでしょ。
新作もどんどん出てくるからこれから忙しくなるよぉ~

投稿: yumiko | 2008年5月10日 (土) 16時14分

やっと松岡シリーズ、本腰入れて取り掛かるわよー。楽しみhappy01
でも私は「改訂版」「完全版」については今のところ否定的に見てるのよね。。なんかこーいうの、ズルイ感じがして・・・。本当に「改訂版」「完全版」が必要なのか、自分の目でしっかり確かめようと思いまつeye

投稿: FUH | 2008年5月10日 (土) 19時16分

確かにね。
旧作はもう手に入りにくくなってません?
手に入らなかったら、お貸ししますよnote
まとめてhappy01

投稿: yumiko | 2008年5月10日 (土) 23時35分

旧作、とりあえずeBOOKOFFで発見したものは注文したよん。でも足りないところが出てきたら、その時はよろしくね!ありがとうhappy02

投稿: FUH | 2008年5月11日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きつね蕎麦。 | トップページ | 河内晩柑。 »