« 「ただ雪のように」(新津きよみ) | トップページ | 酢豚ランチ(白魂) »

2008年5月 2日 (金)

「東京湾景」(吉田修一)

あらすじ:品川埠頭の倉庫街で暮らし働く亮介が、携帯サイトで知り合った”涼子”と初めて出会ったのは、25歳の誕生日だった。嘘と隠し事で始まったゲームの行方は・・・。

あー、なんか普通のラブストーリーを読んだなぁ、、って感じ? 月9あたりで映像化したらワリとハマりそうな話だったかもw →余談。今「w」って書いてて思い出した。先日NETニュースで読んだんだけど、「『www』とはなんでしょう?」って聞かれて「ワールドワイドウェブ」って答えるのはオッサンなんだってw 30代までの世代は「大笑い」「大爆笑」と答えるのが過半数だったらしいww

「東京湾景」

|

« 「ただ雪のように」(新津きよみ) | トップページ | 酢豚ランチ(白魂) »

コメント

FUHさん、こんにちは♪
www。3個並ぶと、私もワールドワイドウェブって読んじゃう(;´Д`)
ヤバイですか(;´Д`)
私、言葉遣いが古風というか、ちょっと意地みたいなのもあって、変な日本語は使わないぞ!って思ったりしてます。が・・・ちゃんとした日本語を知らないので単なる「時代遅れのバカ」になってしまってるのですが(笑)

投稿: あばた | 2008年5月 2日 (金) 20時30分

確かに、あばたさんはいつもしっかり書かれてるなーと思ってました!私は逆なんですよー。大学では国文学専攻だったので、ちゃんと書けるはずなんですけど(?)、アマノジャクなので、わざとイケない言葉を使ってみたがる・・・困った性格ですねぇcoldsweats01 ちなみに「www」も、年下のマイミク君が使ってるのを最初に見た時は「なんじゃこりゃー!?」でしたが、もう馴染んじゃいましたsmile

投稿: FUH | 2008年5月 2日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ただ雪のように」(新津きよみ) | トップページ | 酢豚ランチ(白魂) »