« ミスド。 | トップページ | さくらん(2007・日本) »

2008年5月11日 (日)

「催眠 完全版」(松岡圭祐)

あらすじ:インチキ催眠術師の前に現れた無気味な女性・入絵由香。突然大声で笑い出しては、自分は宇宙人だと叫ぶ彼女が見せる予知能力は話題となり、日本中のメディアが殺到した。その頃、二億円もの横領事件の捜査線上には、ある女性が浮かび上がっていた。臨床心理士・嵯峨敏也が催眠療法を駆使して見抜いた真実とは?

本当は元々の作品を先に読みたかったんだけど、完全版が先に手に入ってしまったので、ついつい・・・。Wiiとか、そういう小道具が21世紀風になってるのは想像がつくけど、ストーリー自体はどこが改訂されてるのか?? 途中、先日「千里眼」で出て来たあの人の名前もさり気なく出て来たけど、これは元々なのか?とりあえず、早くオリジナルの「催眠」を読んで、比べてみたい。。 ちなみに今回のラストは、なるほどだった・・・(映像ではなく本だからあり得るタイプの結果だった)。

「催眠」

|

« ミスド。 | トップページ | さくらん(2007・日本) »

コメント

完全版と旧作ではラストも違います。
もちろん小道具も現代風にアレンジされてますけど。
嵯峨先生が千里眼と合体するのは旧作では2作目の「ミドリの猿」からです。
かなり嵯峨先生の登場率は高いですよnote
そしてそのうち別シリーズのマジシャンシリーズとも合体する作品があります。
結構相関図作ると面白いかも。

投稿: yumiko | 2008年5月11日 (日) 22時32分

今朝8時過ぎ(早くない?)にeBOOKOFFから宅急便が届いて、ビックリ&ラッキー!ということで、今日はオリジナルの「催眠」を読みながら出社したよー。違いの分かる女になれるかしら、オイラsmile

投稿: FUH | 2008年5月12日 (月) 09時22分

FUHさん、こんにちは♪
催眠。こういうのが出てるのですね。
私は松岡氏の本はここから始まりました。
松岡氏の本って順番に読んでいくと前作とリンクしていくから止まらなくなってしまう。
このあたり、読者の心理を読んでるなと思ってしまったりします。
彼こそ千里眼かもね(笑)

投稿: あばた | 2008年5月12日 (月) 20時36分

「彼こそ千里眼」、名言!!
松岡シリーズに手を出すと、その後かなりの時間を費やすことになりそうだ・・・と思ってこれまで二の足を踏んできましたが、これからどんどん読みますよー!楽しみ。。

投稿: FUH | 2008年5月12日 (月) 22時29分

こんにちは!「催眠」を読もうと思って調べているときにこちらを拝見しました。はじめの催眠と、角川の完全版の催眠とではどちらを読むべきか教えていただけませんか?

投稿: のりのり | 2008年10月 7日 (火) 11時07分

のりのりさん、はじめまして。私も松岡圭祐シリーズを読み始める時、オリジナルを読むべきか、完全版を読むべきか、すごく迷いました。迷った結果、私は時系列に追ってみることにしました。オリジナルを読んで面白かったら、追って完全版も読もう!と。そしてオリジナル版を読み終え、完全版も全部読み直そうと思うに至りました。
ちなみに「催眠」については、私はオリジナル版の方がイイと思いました。こっちの結末の方が、好きでした。。 ご参考まで(^^)

投稿: FUH | 2008年10月 7日 (火) 13時13分

FUH 様

 すぐにお答えいただき、大変嬉しく思いました。オリジナル版の方を読もうと思います。

 もしかしてFUHさんってすごい方なのでしょうか・・・
 
 ありがとうございました。
 

投稿: のりのり | 2008年10月 8日 (水) 15時06分

私は全然すごい人ではないですがcoldsweats01
参考になれば幸いです!
松岡ワールドを楽しんで下さい!
完全版(クラシックシリーズ)に
たどりつかれることを願ってます☆

投稿: FUH | 2008年10月 9日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスド。 | トップページ | さくらん(2007・日本) »