« 新橋 安具楽。 | トップページ | 新宿 Pastel。 »

2008年4月29日 (火)

「天使の卵」(村山由佳)

あらすじ:19歳の予備校生の僕は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。ガールフレンドの夏姫に後ろめたい気持ちはあったが、僕の心はもう誰にも止められない・・・。

第6回「小説すばる」新人賞受賞作品、だそうです。特にどうということはないストーリーなんだけれど、なんというか自然に読める感じで、どこがというわけではないけどなんとなく好き、という感じ。。 ちなみにこの表紙から察するに、映像化されたのでしょうね?春妃=小西真奈美は、さぞピッタリだったことでしょう。。

「天使の卵」

|

« 新橋 安具楽。 | トップページ | 新宿 Pastel。 »

コメント

私も読みました。
恋愛小説って感じじゃなくて、なんかすごーくピュアな感じがした。
どちらかとういと苦手分野の本なんだけれど、なんか手にとってしまった作品。
同様の「天使のはしご」だったかな?もよかったよ。

投稿: yumiko | 2008年4月29日 (火) 21時10分

おお、これも読んでたか!
恋愛小説だけど、なんかラブラブしくなくていいよねー。終わってみれば寂しい話なんだけど、心が「カラッポ」というよりは「透明」になった気がした。。
天使シリーズ、他にもあるのね?見かけたら読んでみるーpaper

投稿: FUH | 2008年4月29日 (火) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新橋 安具楽。 | トップページ | 新宿 Pastel。 »