« 焼魚定食(一富士) | トップページ | さつま揚げ とうふ入り(日高水産加工) »

2008年4月24日 (木)

「ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人」(今野敏)

あらすじ:東京・新宿の公演で若い男の変死体が発見された。そしてまた不可解な変死事件が発生し、STの面々が動き出した。事件の背後には、宗教にも似た自己啓発セミナーの存在が浮かんできた。テレビ局の有名女子あなの身に危険が迫る・・・。

ミノルンより借り読み。STシリーズ2作目の作品なので、百合根のドンクサさにかなりイラッとしたangry 私でもそのくらい分かるよ!ってことしばしば(苦笑)。でもストーリーとしては、とても面白い事件だった。ネタバレになってしまうので多くは書かないけど、少なくとも白鷺の「あなたが本当に癒されたいと思ったら、他人の痛みを受け入れるしかないんですよ」という言葉は真だった。”他者の苦しみなど眼中になく、ただ自分のストレスのことばかり気にして生きている。それは犯罪ではなく法律で罰せられることこそなけれど、他人を傷つけ苦しめている。その自覚があればまだましだが、自覚もない”、、誰もが自分をきちんと見つめることが出来れば、犯罪は減るのでしょうね。

「」

|

« 焼魚定食(一富士) | トップページ | さつま揚げ とうふ入り(日高水産加工) »

コメント

自己啓発セミナーって実はちょっと興味あるんだけど、やっぱ怪しいなってこの本みて思った。
もちろん健全なものもあるんだけれど。
それにしても山吹の知識って広いねぇ~。
ゾンビまで範囲内かい。。。

投稿: yumiko | 2008年4月24日 (木) 15時19分

山吹さん、いい感じだったよね。最後の「百合根がああ言ったから頑張っちゃった」的なセリフには、思わずニンマリしちゃった。
しかしこの1冊、フグ毒、ストーカー、ゾンビ、SM、、キーワードだけ並べるとすごいよねcoldsweats01

投稿: FUH | 2008年4月24日 (木) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼魚定食(一富士) | トップページ | さつま揚げ とうふ入り(日高水産加工) »