« ヘキサゴン。 | トップページ | 「ディアーヌ・ド・ロゼの陰謀」(岡野玲子) »

2008年3月27日 (木)

「消え去りしもの」(岡野玲子)

あらすじ:解放されし魔術師アラヴィスが、その封土エストに帰還する。しかしエストは無残に破壊され、妹テューレは心を失い、アラヴィス自身もその力を失っていた。大いなる力 アルス・マグナを求め、アラヴィスのはるかなる物語が始まる・・・。

ミノルンより借り読み。・・・正直、ファンタジーは苦手ジャンルなので、読むのに鬼のように時間がかかったsweat01 しかも、頑張って読んでみたけど、結局全然話が分からなかった、、ゴメンナサイwobbly

「消え去りしもの」

|

« ヘキサゴン。 | トップページ | 「ディアーヌ・ド・ロゼの陰謀」(岡野玲子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘキサゴン。 | トップページ | 「ディアーヌ・ド・ロゼの陰謀」(岡野玲子) »