« 映画「テイキング・ライブス」(2004) | トップページ | Passionitude(RICHART) »

2008年3月17日 (月)

「残照」(今野敏)

あらすじ:東京・台場で少年たちのグループの抗争があり、一人が刃物で背中を刺され死亡する事件が起きた。直後に現場で目撃された車から、運転者の風間智也に容疑がかけられた。東京湾臨海署の安積警部補は、交通機動隊の速水警部補とともに風間を追うが、風間の容疑を否定する速水の言葉に、捜査方針への疑問を感じ始める・・・。

ミノルンより借り読み。今回は、速水が大活躍だった。カーチェイスにはハラハラしたーcoldsweats02 「大人は、手取り足取り教える必要はない。何かを子供に示せばいいのだ。生きる姿勢を見せてやるだけでいい。子供を光で照らしてやらなければならないのだ。それが、残照のようなかすかな光であってもかまわない」というところが心に残った。速水の姿勢は、風間の心を、そして安積をも動かし、いい連鎖に繋がった。信じるべきものを信じ、自信を持って生きる姿勢は美しい。「美しい残照だった。」という終わり方がまさにピッタリの、読後感爽やかな話だった。

「残照」

|

« 映画「テイキング・ライブス」(2004) | トップページ | Passionitude(RICHART) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「テイキング・ライブス」(2004) | トップページ | Passionitude(RICHART) »