« 「消え去りしもの」(岡野玲子) | トップページ | パイナップルケーキ(玉珍齋) »

2008年3月27日 (木)

「ディアーヌ・ド・ロゼの陰謀」(岡野玲子)

あらすじ:17世紀ヨーロッパ。天下の美女ルイーズは、オランダ提督の孫娘にして”ディアーヌ・ド・ロゼ”の通り名を持つ女スパイ。恋人マウリッツと共にイギリス・フランスの宮廷に潜入し、国王や貴族たちを巻き込んで大活躍!

ミノルンより借り読み。・・・ファンタジーほどではないけれど、こういうコメディーもどうやら苦手らしい、ワシsweat01 つけぼくろかと思ったらハエだったとこしか、笑いどころがなかった。。 そして実は画もあまり得意じゃなかった。。 ファンの皆様、ゴメンナサイm(_ _)m

「」

|

« 「消え去りしもの」(岡野玲子) | トップページ | パイナップルケーキ(玉珍齋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「消え去りしもの」(岡野玲子) | トップページ | パイナップルケーキ(玉珍齋) »