« KitKat 信州りんご。 | トップページ | 炒飯&餃子(江南) »

2008年2月14日 (木)

「きみのためにできること」(村山由佳)

あらすじ:新米の音声技師・高瀬俊太郎には夢がある。憧れの人・木島隆文の音を超える凄い音を創りたいという強い思いだ。そんな彼を支えてくれるのは幼なじみのピノコ。仕事が忙しく逢瀬はままならないが、メールが2人を結んでいる。そんな折、テレビの仕事で遭遇した女優・鏡耀子の輝きに俊太郎は引かれていく。2人の間で揺れる俊太郎は・・・。

あらすじのどの単語に反応して私がこの本を読んだのか、分かる人には分かるでしょうw とりま、さっくり読める話だった。「人が自分以外の誰かを好きになるのは、しょせん自分は独りなのだということを知るためでしかないのかもしれない」、、確かに。「人がもしほんとうに独りなのだとしたら、誰かの心を救うことなんて、誰にもできないのかもしれない」、、確かに。「でも・・・痛みをいくらか和らげてやることくらいなら、できるんじゃないだろうか」、、確かに。そんな感じ。俊太郎という人間は、見る側面によって、勝手とも言えるし優しいとも言えるのかもしれない。多分私は好きじゃないけど。

「きみのためにできること」

|

« KitKat 信州りんご。 | トップページ | 炒飯&餃子(江南) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KitKat 信州りんご。 | トップページ | 炒飯&餃子(江南) »