« のだめ。 | トップページ | 「動物園の鳥」(坂木司) »

2008年1月 6日 (日)

「仔羊の巣」(坂木司)

あらすじ:ひきこもり探偵シリーズ第2弾。自称ひきこもりの友人・鳥井真一が風邪で寝こんでいたある日、僕・坂木司は同僚から、同期の女性の様子がおかしいと相談を受ける。慣れない探偵役をつとめた僕が導き出した解答は・・・。また、木村栄三郎さんのもとで出会った男性と地下鉄の駅で見かけた少年の悩み、そして僕自身に降りかかる悪意の連続、それらの真実を鳥井はどう解明するのか。

3つの話、相変わらずそれぞれに面白かった。謎解きが面白いだけではない。必ずどこかに、考えさせられたり、心が温かくなったりする言葉があるのです。坂木の”歪んだ”友情も、その心情、分かる。。 人間って複雑です。今回も、印象に残ったセリフ、抜粋:

「人生に、結末なんてないのよね。いつでも何かが終わりながら始まり、始まりながら終わってる。区切りをつけることに意味なんかないのよ。関係に、区切りは不必要だって今わかったわ。恋人だとか、友人だとか、同僚だとか、言葉で関係を限定するから、不自由になるのね。だって、一人で全部を背負っちゃう人だっていると思うし」

「差し出した手は、何があっても離さない。たとえ、どんなにひどく噛みつかれたとしても」

「優しくしてあげればいいんだよ。困っている人には、声をかけてあげればいい。簡単なことじゃないか。一番近くにいる人からはじめて、まだ手が届くようだったら、もう少し先の人に優しく。そういう風にしていけば、いつか遠くにも届くだろう?」

・・・どの言葉も、なるほどだった。。 ちなみに有栖川有栖氏の解説も興味深かった。そうか、普通は鳥井に対して「嫌い」という感情を持つのか。。 私はどうやら、変わった人間だったようです(´~`;)

「仔羊の巣」

|

« のだめ。 | トップページ | 「動物園の鳥」(坂木司) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめ。 | トップページ | 「動物園の鳥」(坂木司) »