« カップヌードル。 | トップページ | BASSO(グラマシーニューヨーク) »

2007年12月20日 (木)

「白い少女」(桂千穂)

あらすじ:うだつのあがらない新進カメラマンの正彦が、踏切事故の現場で会った不思議な少女・裕美子。彼女をモデルに写真を撮るうちに、正彦は写真家として成功していく。しかし・・・。

あー、久々に読んじゃった、角川ホラー文庫(しかも10年以上前の作品・・・)。基本的に、角川ホラー文庫は私の中で、”読んでも得るところは大してないが、娯楽としては面白い”ジャンル(「リング」等の良作も時々ありますがね)。本作も、そんな感じ( ̄▽ ̄) あー、でも、気持ち悪い不幸な最後じゃなくてよかった!というかむしろ、ハッピーエンド?可愛くオサレに終わって、よかった(・∀・)

「白い少女」

|

« カップヌードル。 | トップページ | BASSO(グラマシーニューヨーク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カップヌードル。 | トップページ | BASSO(グラマシーニューヨーク) »