« 神戸プチフィナンシェ。 | トップページ | 「モルヒネ」(安達千夏) »

2007年4月23日 (月)

冬ソナ。

第10話。「本当に好きなら理由はないんだ」というミニョンの言葉を思い出しながら、「ミニョンを好きで、その好きに理由はない」とサンヒョクに告げるユジン。このシーン、とても印象的だった。・・・そう、本当に好きなら、理由なんて要らない。「好き」、それだけのこと。それこそが充分な理由。

冬ソナ。

・・・余談。会社で今日はハタピーに「・・・運命かしら?」って言われたww

|

« 神戸プチフィナンシェ。 | トップページ | 「モルヒネ」(安達千夏) »

コメント

どうしても、理由が欲しくなるよね。。
理由を探しはじめていく次点で、もうそれは本当に好きということではないのかも・・
と、つくづく思う今日この頃(意味深?)
これで半分!これからが韓国ドラマの楽しさです。。
充分ご堪能下さい♪
そろそろあの音楽が頭の中から離れなくなる頃かと思います・・・・

投稿: みー子 | 2007年4月24日 (火) 06時47分

意味深(?)発言は、とりあえず気にしないことにして(^^;
私は、好きな理由を聞かれると困るんだよね。
「好きなものは好き」としか言いようがない。。

うん、音楽、頭の中でグルグル回ってるよーーーww
後半戦、楽しみであります。また報告しまーす。

投稿: FUH | 2007年4月24日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸プチフィナンシェ。 | トップページ | 「モルヒネ」(安達千夏) »