« 2006・11 読書記録。 | トップページ | 2006・12 読書記録。 »

2006年11月30日 (木)

2006・11 映画鑑賞記録。

「ファミリー」

試写会。本編の前に、赤井沙希(赤井英和の娘)&鈴木佑季(ガッツ石松の娘)トークイベント。赤井さんはモデルだそうだ。正統派の美人ではないと思うが、今時のギャル系で、私個人的にはちょっと気になる顔ではあった。鈴木さんは、、性格良さそうな感じw 2人とも、シャベリはまぁまぁ。赤井さん、自分の言葉で喋ろうとすると関西弁全開なのが可愛かったww 映画本編については、、期待したほどには泣けなかった。キタのは2分くらいかな。スエちゃんは、、普通によかった。父役のチュ・ヒョンという人は、本当に”万人の父親”的雰囲気があってよかった。黙って娘を守ろうとする父の姿にヤラれた。父親っていいな、きっと私も愛されてるんだな、って改めて思った。余談だけど1箇所、アレ?と思ったのが、父親が顔を洗ってるシーンで、あまり開かないはずの左目がシッカリ開いてたように見えたんだよなぁ、、見間違いかなぁ??(この左目は、一応作品のカギでもあるから。。) さらに余談だが、新橋ヤクルトホール、会場とロビーが繋がっているので、上映中スタッフの声が若干気になった。。

「どろろ」

試写。感想をひと言で言うと、社内の前評判通りの、素晴らしいB級アクション映画でした。なんじゃ、あのチープ感溢れるCG!特撮怪獣!怪人!隣りに座ってた人も苦笑してたわ(´~`;) ヘタな映像を見ることで、逆に、原作の良さを再確認。・・・つーか私、前半、申し訳ないくらい、爆睡した( ̄~ ̄;) 柴咲さんの芝居が浮いてて、ちょっと見ててツラかったなー。中井貴一の特殊メイク大ハシャギシーンも、ちょっとイタかったかなー。妻夫木君はカッコよかったし、普通にイイ芝居だったと思うけど。

|

« 2006・11 読書記録。 | トップページ | 2006・12 読書記録。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006・11 読書記録。 | トップページ | 2006・12 読書記録。 »